当事業所では、介護保険制度における介護職員処遇改善加算を取得し、介護職員の金銭的処遇を改善すると共に、事業所の経営理念・ケア方針並びに各職員の気づきや要望を反映できる職場環境等の改善に向けた取り組みを行っています。

 主な取り組み内容は以下の通りです。

  • 管理者と職員との資質向上のための相談、各職員の目標に応じた研修機会等の確保・支援
  • 働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修の受講支援、勤務調整
  • 子育てや家族介護と仕事の両立支援、職員の事情等の状況に応じた勤務シフト調整
  • 有給休暇が取得しやすい勤務環境
  • 介護職員の身体の負担軽減のための介護技術指導(OJT)や入浴リフト設置
  • 短期間勤務者等にも受診可能な健康診断の実施(費用全額会社負担)
  • 高齢者の活躍の場の提供(花壇等環境整備・調理)
  • 介護記録や報告様式の工夫による情報共有
  • ご利用者家族への連携方法の工夫による作業負担の軽減やトラブル回避
  • ミーティング等での意見・要望や日々のコミュニケーションによる気づきの吸い上げと改善の早期実施
  • ご利用者やご家族からの謝意等の情報共有
  • 幅広い層の人材採用:中高年齢者、経験者・有資格者等にこだわらない幅広い人材の採用

尚、令和4年4月から、介護職員等特定処遇改善加算を取得します。

また、課題を明確にして、課題解決とさらなる改善に向けた取り組みを実施します。

2022年2月1日